スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月29日 パラオ共和国ペリリュー州公式文書

パラオ共和国ペリリュー州政府より、ペリリュー会として2000ドルの寄付とペリリュー戦争記念館改修における感謝状を頂きました。

皆様のご協力によりまして、今後ともペリリュー戦争記念館の日本側展示責任者として活動できるよう政府より承認が頂けましたこと深く感謝の意を述べさせて頂きたいと考えております。

また、在東京パラオ大使館への訪問を予定しておりますのでまたアップデートさせて頂きます。

sas.jpg
periryu-.jpg

スポンサーサイト

Dr. ミノル・FX・ウエキ氏と会談 パラオ・コロール島

IMG_5419.jpg

左端:元・パラオ共和国駐日全権大使 Dr. ミノル・FX・ウエキ氏
左2番目:ロックアイランド・ツアー 菊池様
左3番目:倉田江身子氏
左4番目:倉田洋二氏(南方戦線アンガウル島の生存者であり歴史伝承者)
右端:ペリリュー会代表 横山高司 (戦史研究・ペリリュー戦争博物館 日本側監修責任者)
右2番目:杉浦氏(寄付)
右3番目:横山篤司(筆者)

この会談の記録が、ペリリュー戦争博物館(Peleliu World WarII Memorial Museum)をはじめ、太平洋戦争の多くの戦跡保存および活動の参考となり、さらなる活動発展となることを願います。

今後のパラオと日本の友好発展および更なるペリリュー戦争博物館の施設充実および保全のため、今回の会談が実現しました。2010年、私たちは日本で初めて会いました。そして2013年夏のプロジェクト実現まで3年間の歳月をかけました。

その記録は「パラオ・ペリリュー島~未来への礎~」で説明させて頂きました。

私たちペリリュー会は、ペリリュー島の観光産業や遺産保存の推進のため、ペリリュー州政府によるペリリュー戦争博物館(Peleliu World War II Memorial Museum)の運営管理を依頼しました。正式に博物館の運営管理ができるまで何年かかるのか分からないため、ペリリュー会として委嘱状を頂けないかと申請しました。

2014年9月15日に行われる「ペリリュー島戦線70周年式典」に向けて、ペリリュー会は2000ドルを寄付し、その用途を「戦争博物館の屋根補修に充てること」とし、州政府による改修工事を依頼しました。

このようなお願いができるのも、ラストサムライといわれる、元・パラオ共和国駐日全権大使であるDr. ミノル・FX・ウエキ氏の協力があってのことです。

また、ウエキ氏は祖父が愛知県名古屋市にある熱田にゆかりがあり、そこで、パラオのロータリークラブと名古屋南のロータリークラブで提携ができないかという話になりました。ビジネスとしてこの姉妹提携が実現することも、友好関係実現の一端を担うこととでしょう。

倉田先生とは定期的にお会いする中で、前々より貴重なペリリュー戦線の史料の保存を依頼されております。一部をペリリュー戦争博物館内で展示できたらと考えておりますが、この読者の中で、史料保存およびデータ化(PDF等)にご協力頂ける方も募集させて頂きたいと考えております。

この会談を通して、私たちペリリュー会ができることは、
①日本中から頂いた寄付を目に見える形で伝える(ブログやネット等を活用)
②政府と共に活動が行えるよう有効な手段を考える(安易にパラオ人にお金を与えると使ってしまうため、使途用途を明確にしていく)
③より多くの皆様に想いと事実を伝えていくこと。

まだまだ太平洋の各諸島には貴重な戦跡が手つかずのまま残され、多くの英霊が眠ったままとなっております。

私の説明ではまだまだ伝えきれないことも多いため、事実の表記に留まらせて頂きますが、是非ペリリュー戦争博物館(Peleliu World War II Memorial Museum)に来た際には、そのような経緯があったということを頭の片隅において頂けましたら幸いです。

寄付については広く求めることはしておりません(父曰く、さらにやることが増えてしまう)が、ゆっくりとでも、一歩ずつ着実に形になるように活動してまいります。その際は下記までご寄付を頂きましたら幸いです。

募金のお願い及びペリリュー会設立のお知らせ
http://andy0221.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

末尾となりますが、現地を訪れ、また遠く離れた地より応援頂きます読者の皆様、本当にありがとうございます。また多額の寄付を送って頂きました伊藤様をはじめ、多くの皆様の名前を博物館のパネルにて名前を掲載させて頂きました。

ペリリュー決戦の戦跡と史実の一致

此処において玉砕した1万有余命の日本軍将兵は制空、制海権のない中、一物一弾の補給も受けず圧倒的な兵力差、火力差の下、最後の一兵まで戦い、そのほとんど96%にあたる10,022名が戦死した。

IMG_5366.jpg
日本軍司令部跡


IMG_5368.jpg
銃撃戦の跡

IMG_5370.jpg
お風呂場の跡

彼等ひとりひとりに家族、友人、愛する人たちがいた20代の若者たちであった。現地人より「いつ故郷に帰るのか」という問いに対して、「故郷にはもう帰らないんだよ」という答えが残っており、そして現実にペリリュー島の日本軍将兵が帰国することは永遠になかった。

IMG_5374.jpg IMG_5375.jpg IMG_5376.jpg
米国側の水陸両用戦車。銃弾貫通、撃破した痕跡。


IMG_5380.jpg
この洞窟の中も火炎放射器によって焼かれた跡がある。73日間の激戦を通し、砲撃に耐え、飢えに耐え、孤立状態に耐え、この過酷な蒸し暑い洞窟で必ず死なねばならない運命をどう説明することができようか?

IMG_5385.jpg
銃弾をこの手で触れる状態である。

IMG_5387.jpg
生活の跡が目の前に残る

IMG_5381.jpg
ここからレッドライン。不発弾処理はまだまだ続く。

IMG_5393.jpg
横道は未だ不発弾が残る。

守備隊将兵は望郷の念と共に、彼らの最後の電文中にある夜鬼となってもこの島を守るという言葉通り、今も霊魂となってペリリュー島に留まっている。彼らの荒ぶる魂を慰め極楽浄土へ導くには、日本国民が決してこの島で起こったことを忘れず、尊い命を散らした人たちに対する感謝と尊敬の意を持ち、パラオに来た際はペリリュー島を訪れ彼らの時代や散華の意味を考えるべきである。

IMG_5388.jpg
これより先、ペリリュー守備隊の唯一の心の支えであった中川大佐自決の地。残兵将兵56名はその後の3日間の遊撃戦の末全滅して、伝統ある栄光の軍旗と共に運命を共にした。

パラオ・ペリリュー島 315
展示軍旗は、私たちが自らの手と足で製作し、靖国神社においてお祓いを受けた複製品である。

IMG_5349.jpg

横山高司は言う。想いを行動にすること。そして「パラオに来た際はペリリュー島を訪れ彼らの時代や散華の意味を考えるべきである。彼らは日本人の誇りなのだから」と説く。決して不戦や平和を説いたり、悲しみや恨みを誘うために改修を行ったわけではない。その時代に身を置き、過酷な環境を体感し、歴史の事実を伝えることで、後世を担う私たちの行動が生まれるという。

筆者である横山篤司33歳は思う。この父の想いを言葉にすることは非常に難しいが、先輩たちの活動を伝えることで、次の世代を担う私たちに様々な勇気を与えることができると。

IMG_5308.jpg
左:杉浦氏
中央:泉不動産 小酒井氏
右:横山高司
撮影:横山篤司
ガイド:Azsa

引き続き応援の程よろしくお願い申し上げます。

設計士・原田豊先生と意気投合

IMG_1572.jpg

中央:横山高司
右:原田豊氏

連隊旗の測量作業ののち、九段下近くの飲食店で今後のペリリュー戦争博物館改修プロジェクトの打ち合わせをさせて頂きました。

今回の作業を無償で引き受けてくださった原田豊先生へ感謝しますと同時に、原田先生より「今後の活動を共に行いたい」とのお言葉を頂きました。参院議員の政策秘書官である佐藤様のご紹介でこのご縁を頂きましたこと感謝致します。

原田先生は靖国神社にある「遊就館」の本館の改修・新館竣工を含めた展示設計を担当され、総額何十億という予算のプロジェクトを成功に導きました(平成14年7月)。彼のお話を引用させて頂きますと、「そこに奉納されている展示品の数々は金額では計れない価値があり、その展示品を如何にこれからの世代に伝えていくか」を一生懸命考えられたそうです。その上で、靖国神社の存在そのものが「赤」「右派」といった見方をする人も最近多くなっているとのことで、やはり設計者としては「ありのままの事実を伝える」ことに専念したそうです。

館内で測量の後、靖国神社を案内してもらったのですが、原田先生のユーモアに富んだお酒大好きな性格もとってもよかったです。靖国神社の関係者や巫女さんの裏話も興味深く、勉強家で、まさに名プロデューサーでした。

原田先生も父と同じく60の還暦を超えました。
「六十にして耳順ひ 七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず」
といいますが、80を超えても日本のため、公のため、「創れる人」を貫いて欲しいです。


~追記~
原田豊先生からペリリュー戦争博物館の展示ストーリを頂きました。
「若い人たちに判りやすく、特に米国人が日本兵を理解するうえで精神の支柱となった拠り所を少しでも考える場となるように考えます。勝ち負けではなく、戦争の持つ不条理さと、その渦中に生きた兵士と同目線で対峙できる空気が少しでも形になればと思います。」

原田豊
1951(昭和26)年 鹿児島県生まれ。
http://g-com-lb.com/harada_yutaka/index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。