スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

募金のお願い及びペリリュー会設立のお知らせ

kokki

愛知銀行 名古屋駅前支店
普通預金 2020880
ペリリュー会 代表 横山高司


ペリリュー会設立と意義

昨年来進めて来ました日本側展示品改修プロジェクトについて、国務省、パラオ共和国、ペリリュー州知事、議会議長及び酋長等の許可を得られましたので、今年1月末、現地調査採寸作業を終え、新たな展示方法を作図中です。

展示品の目玉となり、1944年11月24日現地にて奉焼された歩兵第二連隊の連隊旗レプリカの制作を実施していますが、寸法等のデータが全く無く、現在、靖国神社の遊就館に展示中の歩兵第321連隊旗を実測させて頂きたく申請中です。

また、他の展示品についても実物が殆ど無いため、レプリカを購入する予定です。上記の他に展示場改修等の費用を賄う有志の人達が集まり、パラオにてスキューバダイビングを趣味としているダイバーの集まりである「八重山会」の皆様のご協力を得て、「ペリリュー会」を発足させました。

ペリリュー島戦争記念館は毎年35,000人ほとの見学者がおりますが、10万人を超える日本人のパラオ観光客のうち、わずか1,000人しか記念館を訪れる人がいません。2年後にはペリリュー戦70周年で米国から大勢の観光客が訪れ、式典も記念館前広場で行われます。

その前に綺麗に整備された米国側展示と比較し、全くないに等しい日本側展示を充実させペリリュー島にて玉砕した日本人の名誉と日本国の誇りを守ろうと存じます。

この趣旨にご賛同して頂ける皆様からの浄財をお待ちしております。

2012年3月28日
横山高司

お陰様で現在260万円ほどの寄付が集まっております。(4月末現在)
ペリリュー会の口座にて大切に管理されており、皆様の想いを形にできるように使わせて頂きます。
(管理人)
スポンサーサイト

大日本帝國陸軍 歩兵聯隊軍旗 レプリカ製作について

~御礼~

すべての旗とパーツの総合問屋
株式会社いづつや
愛知県名古屋市東区泉1丁目21-24
http://www.idutsuyahonten.jp/

藤川尚木社長

藤川様の多大なるご厚意によって、原価でレプリカの軍旗を制作して頂く事となりました。
しかしながら、この軍旗のサイズ・寸法に関するデータが残っておらず、情報を求めております。もし、このブログを読んでくださっていらっしゃる方の中でご存じの方がいらっしゃいましたら情報提供を宜しくお願いします。

現在、レプリカ制作に携わった乃村工藝社様のご厚意により、靖国神社の遊就館にある唯一現存する軍旗から寸法を測る企画を進めております。

kokki
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。