スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本旗章学協会 報告会 にて

日時:9月30日(日)午後1時より
場所:飯田橋(東京) 日本旗章学協会 会議室にて

日本旗章学協会様のご厚意により、9月度定例会にて今回の戦争博物館プロジェクトの設立経緯から現在までの進捗を報告する場を設けて頂きました。

IMG_2289.jpg IMG_2291.jpg IMG_2283.jpg CIMG2737.jpg


そして、聯隊旗レプリカの披露をさせて頂きました。

このブログを通じて、本当にご縁でありますが、聯隊旗のデータを収集しておりました日本旗章学協会の会員様よりご連絡を頂き、情報交換を通して今回のミーティングが実現致しました。

ペリリュー会の代表・横山高司より、聯隊旗レプリカの復元の苦労話を紹介させて頂きましたので一部をご紹介します。

聯隊旗レプリカの復元には製作期間に4ヵ月超を費やしました。日本全国、様々な有識者からの情報提供を受けながら、昭和19年の奉焼時の聯隊旗を忠実に再現したいという一面と、博物館に展示するために耐久性を考慮しなければならない一面とで二転三転した過程が実際にありました。

特にペリリューの地では湿気が多く、博物館内の展示環境も充実したものとはいえないため、下記の理由を以て復元作業を行いました。

① 聯隊旗のデザイン及びサイズは昭和7年以前の型とし、実際にペリリュー島へ持ち込んだとされるものとする。
② 本物の聯隊旗は絹であるが、レプリカの聯隊旗は合成繊維とする(耐久性の問題)
③ 日章旗の朱色の種類については、「赤色」と認識できるものとする(経年劣化に強い染料を用いました)
④ 聯隊旗の房の色は、古代紫と言われ、職人がなかなか見つからなかったが、最後は京都に出向いて特別に作って頂きました。
⑤ 竿頭について、天皇陛下のために献上することができる職人さんが限られているため(全国探しましたが見つかりませんでした)、昔、竿頭を作っていた師匠のお弟子さんにお願いしました。
⑥ 本物の旗棒は樫の木であるが、持ち運びの観点から桜の木とする。
その他の細かい点については、また問い合わせくださいませ。

完成にあたり、NHK坂の上の雲で撮影に使われた聯隊旗を拝見させて頂いたり、学研様、小学館様などの歴史に詳しい方々にもお聞きし、様々なご縁が広がりました。

また、今回、日本旗章学協会様よりご寄付を頂きまして、この活動に賛同頂いたこと深く感謝致します。

今後は博物館の館内展示物の英語翻訳などでもご協力を頂く予定となっております。


日本旗章学協会(JAVA, Japanese Vexillological Association)
http://java2010.blog102.fc2.com/
スポンサーサイト

9月27日 週刊ビル経営誌にて

CCF20121001_00000-2.jpg

Letter from Palau Japan Ambassador

 パラオ日本全権大使より正式な公文書を受領致しました。

 カンイチ・ウアウ州知事と、オバック・シゲオ酋長に、大使自らペリリュー島で面会し、今回の博物館プロジェクトに対して全面協力するよう手配を整えて頂きました。

 現地での建築資材・工具・大工の手配など、パラオの方々も協力して共にプロジェクトを行うことができるようになりました。この活動を通して日本×パラオ共和国の関係もより一層強化されると関係者は喜んでいるとのことです。

 ペリリュー会及び善意で協力頂いております方々のパラオ入りは9/12~9/17です。

2012.09.20 Letter from Palau-3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。