スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラオ共和国大使館 ミノル・F.X.・ウエキ大使との会談(日本)

日時:2011年11月15日(金)14時~15時
場所:パラオ共和国大使館
出席者:パラオ共和国大使館 特命全権大使 ミノル・F.X.・ウエキ 様
パラオ共和国大使館 上級事務官 N 様
参院議員 S様 政策担当秘書 佐藤 様
寄付予定者 横山 高司
記録員    横山 篤司

●ミノル・F.X.ウエキ大使(昭和5年生まれ)
パラオ・サクラ会 元・会長(コロール島で日本人墓地の墓守を行ってきました)
パラオ元厚生教育文化相 日系2世 医師

ペリリュー島戦争博物館について(背景)
2009年1月にペリリュー島を訪問した際、戦争当時の日本軍の遺留品や武器、弾薬が地面に置いてある一方、アメリカ軍のものはガラスケースに入れてある状況を確認しました。2014年のペリリュー島戦争70周年(1944年)のアメリカ側訪問までに、日本側としても戦争当時の日本軍の遺留品や武器、弾薬をガラスケースに入れて展示できるように、ガラスケースの寄贈を考えている。

img153.jpg p-museum.jpg

p-museum-inside.jpg img155.jpg img156.jpg img157.jpg

(2011年当時の館内史料は数少ないため、現在は他のWEBサイトの史料より転載させて頂いております)

●パラオ・サクラ会
旧南洋群島における混血児のアソシエーション-パラオ・サクラ会
An Association of Half-Japanese and Half-Palauans in Micronesia
リンク:琉球大学「旧南洋群島における混血児のアソシエーション-パラオ・サクラ会

<今後のスケジュール>
・厚生省(日本)×パラオ共和国 遺骨収集グループとの連絡
佐藤秘書官より厚生省および外務省に今回のウエキ大使との会談報告を行い、日本国政府として協力できることはないか調整を図る。

・戦史関係資料の設計・制作会社(乃村工藝社)との打ち合わせ 
佐藤秘書官よりご紹介(2011年12月中旬を予定)
スポンサーサイト

テーマ : 海外情報 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。