スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラオ 戦跡保存と未来への礎

IMG_1587.jpg

左より

小玉袈裟喜先生
みかみ女将
横山高司
倉田江身子様
横山篤司(管理人・筆者)
ミノル・F.X. ウエキ パラオ共和国全権大使
陸上自衛隊二等陸佐 T様
倉田洋二先生
水戸二連隊・ペリリュー島慰霊会 Y様
戦史戦跡研究室 S様
水戸二連隊・ペリリュー島慰霊会 S様


皆様のご紹介を簡単にさせて頂きます。(年齢順とさせて頂きました)

小玉袈裟喜先生
88歳でもお元気です。パラオ島にはこれまで50回以上訪問し、一緒に戦った戦友達への慰霊のため、慰霊碑の保存活動を倉田先生と共に行っていらっしゃります。

陸上自衛隊 2等陸佐 T様
自衛隊の幹部機関誌「修親」でパラオに関する執筆活動を行い、幹部教育でパラオに対する理解を求める活動をしていらっしゃります。

水戸二連隊・ペリリュー島慰霊会 S様
パラオ諸島の戦跡保存並びに遺骨収集の活動をしていらっしゃります。何度もパラオの地を訪れ、戦跡調査や米国側資料の解読なども独自で行っていらっしゃります。

水戸歩二会・ペリリュー島慰霊会 Y様
青森県で山岳グッズのショップを経営していらっしゃります。パラオには同団体S様と共に戦跡調査や遺骨収集をしていらっしゃります。特に上記任務が捗るように個人的な政治の繋がりを活かして協力していらっしゃります。

パラオ共和国大使館 特命全権大使 ミノル・F.X. ウエキ氏
特命全権大使として日本に来て3年、武士道の精神を持った日系パラオ人であり、パラオと日本の親善を強く望んでいらっしゃります。

戦史戦跡研究室 S様
29歳、戦跡の写真を撮影し、日本で写真展や講演活動などを行っていらっしゃります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。