スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラオ共和国 日本人観光客(2011年)データ

topimage.gif

パラオ共和国 日本人観光客について(2011年)

観光客数
2011年にパラオを訪れた年間観光客数に関するデータが発表され、総数は109,057人、日本人は37,800人、台湾人は37,632人で、前年に比べ全体で27.4%の増加した。また2012年1月期の観光客数は11,161人で、昨年同時期と比較して約20%増加し、内訳は台湾人が3,686人、日本人が3,508人、韓国人が1,885人であった。

人種構成
人口の70%程度はパラオ人で、他にフィリピン人が多い。人口の半分以上は旧首都コロールに住む。日系パラオ人は全人口の25%を占めるともいわれている。

言語
パラオでもっとも使われている言語は公用語の一つパラオ語 (64.7%、以下 United Nations Statistical Yearbook 2002より)である。次いでフィリピノ語 (13.5%)、公用語の一つ英語 (9.4%)、中国語 (5.7%)、カロリン語 (1.5%)、日本語 (1.5%)。

宗教
主な宗教はキリスト教で、カトリックが41.6%、プロテスタントが28.2%。他にカトリックと伝統宗教が融合した新宗教モデクゲイが8.8%、エホバの証人(166人)、モルモン教(124人)や、土着の宗教がある(2000年センサスより)。

在パラオ大使館
http://www.palau.emb-japan.go.jp/index.htm
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。