スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30 パラオ大使館会議及び学研ホールディング様訪問

「ペリリュー戦争博物館」日本展示スペース工事について

日時:7月30日(月)午前10時半より
場所:パラオ大使館

パラオ大使館にて、横山高司と特命全権大使のDr.ウエキ氏が会談致しました。

日本からパラオへの資材輸送には莫大な費用が掛かるため、ウエキ大使と相談の上、現地で資材調達できるようにウエキ大志より手配頂けることになりました。ペリリュー戦争博物館の日本展示スペースの現場監理として、日本の職人が同行し、8月末に施工調査を行う予定となっております。また、工事期間中におけるビザの手配、お土産、その他のアドバイスも頂き、順調にプロジェクトが進んでおります。



magazine114.gif学研ホームページより転載

展示スペース内での日本側英訳及び説明文について

同日、学研ホールディングスの五反田本社へ、横山高司が訪問致しました。

ペリリュー戦争博物館の日本側展示スペースにおいて、学研の「歴史群像シリーズ」で掲載されているパラオ戦線の説明を、日・英で設置できないかどうかのお願いを、編集長にしてまいりました。本趣旨に大変賛同頂きまして、著者のご紹介や、転載についての許可などを今後手続きしていく予定です。


ご縁がご縁となって重なってまいります。引き続き進捗状況をまたお知らせ致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。