スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day1 3/22 パラオ戦争博物館改修

2014年3月21日、日本(名古屋)より飛行機で4時間、翌22日午前2時半にパラオ・コロール空港に到着。同日午前11時よりペリリュー島へ向けてチャーター便で1時間ほど海を渡り、パラオ戦線の激戦地であったペリリュー島へ到着。

IMG_62972.jpg

ロックアイランド・ツアーの菊池様およびベラウツアーのパートナーであり、元・パラオ共和国駐日全権大使であるDr. ミノル・FX・ウエキ氏の協力により、今回もペリリュー島での活動手配全般をご協力頂きました。また、ペリリュー酋長であるオバック氏およびその息子さんであるジェリー氏より大工道具の手配を頂き、作業は2時間ほどで滞りなく終了しました。

現在のペリリュー戦争博物館(Peleliu World War II Memorial Museumの様子です。

IMG_5406.jpg IMG_5330.jpg IMG_5331.jpg IMG_5332.jpg IMG_5333.jpg IMG_5351.jpg IMG_5352.jpg IMG_5359.jpg IMG_5337.jpg IMG_5338.jpg


昨年より大幅に施設が充実したのは、前・館長であったDavid氏(2014年2月末で退職)の功績によるものです。

IMG_5328.jpg IMG_5411.jpg IMG_5402.jpg

ペリリュー島に訪れる日本人がここまで増えました。(数年前まで年間200人ほどでした)

IMG_5353.jpg IMG_5354.jpg IMG_5355.jpg

多くのコメントの中でも、「過去の勇敢な人々に感謝しなければ」「戦争の生々しさを実感しました」「やっと来れました。必ず日本の若者に伝えます」といった声がございました。


IMG_5340.jpg IMG_5341.jpg IMG_5363.jpg

ここには生の情報と戦いの跡がそのまま眠っております。

また、David氏とFaceBookを通して情報共有を行いました。彼はNYで長年弁護士として活躍し、叔父がペリリュー島で亡くなられているため、遺骨収集団として参加した際に、この島に留まって貢献をしたいとボランティア館長を引き受けたそうです。この改修資金は何百万に及ぶかと思いますが、すべて彼の私財を投じての成果であります。

私たちペリリュー会として、日米パの共同事業による友好発展と歴史保存に貢献したDavid氏に感謝の意を述べさせていただきます。

しかしながら、ペリリューを含め、パラオには戦跡保存や管理に対してこれといった予算がありません。

David氏の戦争博物館をもっと充実したものとしたい、空調機を新設したい、屋根を補修したい、適切な管理をしたいという想いを皆様に向けて共有させて頂き、私たちペリリュー会として、今後はペリリュー州の管轄として、維持・保存・管理の責務を担えるよう、今後とも働きかけて参ります。

5年前に比べるとかなり博物館も充実した展示となりました。

p-museum-inside.jpg img155.jpg IMG_1700.jpg IMG_1762.jpg CIMG0837.jpg

Takashi Yokoyama (Peleliu World War II Memorial Museum, Japan side Supervisor)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。